対話

結の家 事務所看板です(ちょっとだけ宣伝です(/ω\))

 私は不動産や建築・リフォーム等を事業として事務所をやってます。この事務所を訪問される方々は、事業枠内にかかわらず様々な業種の方々が訪問されます。

 お茶をお出しして他愛もない話から始まるのですが、人と対話を始めると色々な発見があります。(^-^)些細なことことですが、私には大きなヒントになったり、バイタリティを分けて貰ったりと得るものが多いです。たまには話の相性が合わずに 仕事上の話の要件だけ済ませて「ではまた」の方もいらっしゃいますが・・・ そういうのも仕事ですね( ;∀;)

 訪問される方の業種を問わず、相手は心を持った人です。様々な人生背景とそれに伴う人格と価値観と人生談を持ち合わせています。仕事の話が大事なことは百も承知ですが、仕事以外の話で華咲いたりする方が、やっぱり仕事パートナーとしても楽しいですね !(私は)皆さんだったらどうでしょうか?人と対話すること自体が「億劫」「苦手」という方も多数いらっしゃると思います。コミュニケーション手段は、進歩しているため、わざわざ時間とお金と労力を使って生で対談する必要性もないわけです。だけども、私は思います。

 その人と同じ空間でお互い本音の対話をする時間は大事だ。と

 この人はどんな人生背景をもっているんだろう?どんな価値観をもっているのだろう?話をしながら相手に投げかけてみるキーワードを頭の中で模索してます。そうすると、話は予想以上の展開に向かい、横道にそれていくのですが、それがまた仕事以外だから聞いていて私も参考や勉強になるし「面白い」んです!途中で相手が「何でこんな話したんでしたっけ?」となることもシバシバ・・・でも一つ言えるのは相手も私の事務所に居て心地良さを覚えている証だと思ってます。仕事のお客様、ではなく 人と生で対話する上で相手に対してこの「心地良さ」は大事にしている点です。(この方とは長い付き合いになるだろうなぁ)と確信する人には特に注意を払っています。

 「もうこんな時間!?やばい!次のお客さんに行ってきます!」って言いながらバタバタと車に乗り込んで帰っていかれます。

 仕事の話で収穫がないこと自体当たり前という前提。そんな前提の方が、対話は面白いです。相手から惜しみなく知恵とバイタリティを貰えます。そんな関係を長く続けて、初めて仕事の話に行き着くこともしばしばですから(^-^)

 私の事務所が長く存続するならば、人の話を「聞く力」を育み「人と人が楽しく結ばれる」win-winの憩い場所となればなあ、、と思ってます。特に年長者の経営者の方々は、人生経験が長いだけあって、ビックリするようなエピソードをもっていますし、勉強になります。自分の人生に修正をかけるきっかけも与えてくれます。携わる人はご縁あっての人ですから、大切にしたいですね(^-^)あなたも人との話でこんなエピソードやこんな話を聞いた等ありましたら、ぜひ教えてください。勉強になります。死ぬまで勉強ですから(‘ω’)ノ

<a href=”https://exnet.sakura.ne.jp/afl_pro2/link.php?id=N0000875&s_adwares=SA000002″>電子書籍プレゼントキャンペーン</a>