Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuinoie0824/love-people.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
子供

f:id:yuinoie-masuda:20190328115655j:plain
上の子 1歳未満時期 後ろ姿

 皆さんは、まだ立つこともお喋りもできない子供がこうやって座りながら、じっと何かに集中している姿を見てどう思いますか?

 (かわいいなぁ)(どんな表情して固まってる?)(どんなこと考えてる?)

 実際、この時子供は、一心不乱に自分の足の指の不思議と格闘しているときでした(>_<)でもやっぱりこういう時期の子供が(可愛い)と思う人が大多数だと思います。そして自分達大人にも間違いなくこのような時期があったわけです。どうしてその頃の記憶が無いのか分かりません。私も3歳からの記憶ならば辛うじて思い出すことができます。この時期の記憶がもしあるならば、きっと子供との生活はもっともっと充実したものになるのではないでしょうか?考えることも、やりたいことも、泣いている理由も、笑っている理由も分かってしまうわけですから(^-^)

 私は子供の性質・性格は、大人が与えた環境要因でそのほとんどが形成されると思ってました。何せ”三つ子の魂百まで”というコトワザあるくらいですからね(‘ω’)ところが最近のゲノム研究では親の性格遺伝子は無視できないレベルだとか(50%前後が遺伝とか・・・)つまり両親の性格が、半分ずつ組み合わさったオリジナル性格の子供ですが、成長と共に徐々に親の性格が見え隠れしだすということですね・・・恐ろしい。(それはマズイっ!)と思うのは私ぐらいでしょうね( `ー´)ノ

 しかし自分の性格に似ている部分があるからこそ、幼い頃の記憶が無くとも、子供の考えてることが分かったり、ほほえましかったり、自分のコンプレックスを子供が鮮明に投影して親が怒ってしまったり(似てほしくないがために)(/ω\) するんでしょうね。私の家では親が子供に理不尽に怒ってしまった時はシステム上、子供に面と向かって謝ることになってます。子供が「うん」と納得するまで 笑 母親が決めたルールです。父親の私は従うのみです(/ω\)傷ついた子供の心を放置することは、許されないということですね。

f:id:yuinoie-masuda:20190328113718j:plain
下の子 1歳未満時期の後ろ姿

 仕事も趣味も”育児”も そのすべての勉強や修行は、一生終わらないのかもしれませんね。育児などは特に、勉強させられてしまいます。自分は間違いなく子供から大人までの過程を歩んできたはずなのに、どうしても(こういう時、子供のころの自分はどう思ってたっけ?何でこんなに意固地になるんだったっけ?)と思い出せないです。思い出せなくてどうしようもないから、子供に何でそんな感情になっているのかその都度聞かないとダメですね。本人は目の前にいるんですから。

 偉そうなことを言いながら、現実的に聞けてないことが多々あります。ちゃんと聞けたときは子供がちょっとおかしい日本語を繰り返し繰り返し たどたどしく説明しながら一生懸命教えてくれます。聞いていると私の子供に対する配慮のなさが浮き彫りになってきますし、徐々に幼少期の自分の傷ついた体験をフラッシュバックしてくるから辛いですね( ;∀;)子供に同じ思いをさせてはいけないと反省させられます。まだまだこれからですね。

 父親、母親、子供 である以前に同じ人。されど血を分けた親子。

 仕事に忙しいお父さんお母さん達がほとんどでしょうが、「子供のためにこんなことしてるよ」と事例を問わずあるときは、ぜひ教えてください。勉強になります(^^)/

<a href=”https://exnet.sakura.ne.jp/afl_pro2/link.php?id=N0000875&s_adwares=SA000002″>電子書籍プレゼントキャンペーン</a>