ビオトープ

メダカ飼育 ビオトープ                         「モンステラ                               ジェイドシャトルコック」

はじめに

 上の写真は、サンセット極龍×カブキ になります。

 綺麗ですよ~。青色に入り混じる金緑色が激渋いです。今年の販売分も品薄になってきました。どうぞこの機会に店舗で見てやってください。現在販売分は、胸ビレに体外光が入っていない個体になりますが、遺伝子レベルではもっていますので、次の世代で発現するかと思います。

現在1匹800円で販売しております。この夏にいかかでしょう!!と言っても、残り僅かです(>_<)。

 今まで2年半も(やろうか・・・やるまいか・・・)と悩み続けてきたYouTubeへの動画投稿・・・。重い腰をようやく上げて、始動しました(>_<)笑

 もともとズボラな”こうちゃん”ですから、めだかビオトープもずぼらな自分でも簡単にできる方法で紹介して参りました。

 そんなズボラは”こうちゃんがYouTubeなど続くはずもないのです。しかし、小さな1歩が、後々に大きなうねりになるのも確かです。やってなんぼの世界です。やらずに語るのはダメです・・・。

そうだ!ちょっとだけやってみよう(*´▽`*)

 (ちょっとだけかよっ!!)と思われる方もいるでしょう。それでいいんです。この世の中に正解などありません。誰もやったことのないめだかビオトープを、何も知らずに初めて早2年半・・・。ちゃんと続いてるじゃないか(>_<)!

 YouTubeもやってみれば、新しい世界が見えるかもしれません。

 でも続けていくためには、ズボラなありのままの自分らしくありたい。そうするとどうなるか・・・。

動画編集なし! 台本もなし!! ( `ー´)ノ

 これでどうだ!!(ふふ・・・皆さん・・・凄すぎて声も出ないでしょ)。勿論、顔出しも無しっ!!!

 やってみたいようにやってみます。それで駄目だったら、すぐやめます。そういうことで・・・

 現在、テスト的に動画投稿しています。もしこんな動画をアップロードして欲しい!というご意見ありましたらコメント欄へよろしくお願い申し上げます。参考になったよ~(≧◇≦)と思われたら、いいね・チャンネル登録よろしくお願い申し上げます。

 さてさて、今回記事は・・・ビオトープ「モンステラ ジェイドシャトルコック」になります。あんまり聞きなれない品種名です。しかし、この「ジェイドシャトルコック」は、中々珍しい品種ですので、ビオトープにも鉢植えにもオススメです。

 それではいってみましょう( `ー´)ノ

モンステラ ジェイドシャトルコック

 こちらジェイドシャトルコックちゃんです。モンステラを想像された貴方・貴女!。思ってたのと全然違うと思われることでしょう。そうなんです。このジェイドシャトルコックは、モンステラの近縁種になります。

 一言で言うとレア品種です。

 私の個人的な意見を言いますと・・・

 生育速度 : 思っていたより早い(遅いという前評判でした)

 耐陰性 : そこそこ強い

 耐寒性 : これはまだ冬越ししていないので不明ですが、モンステラの近縁種ということを加味するとやや弱いのかもしれません。

 吸水能力 : さすがモンステラの近縁種。めっちゃ水を吸います。でもご安心ください。ビオトープです・・・。水なら大量にあります( `ー´)ノ。

 中々珍しい品種になるので、水耕栽培するかどうか非常に悩みました。でも店舗で根を見た時、これはいけると確信しました。

 水耕栽培を始めたのは春でしたが、気候の助けもありどんどん気温が高まるにつれて、バッチリ生育しています。生育速度が遅いとのことでしたが、そんなことありません。

 吸水能力が高いため、葉がシットリと水気を帯びます。葉水すれば喜ぶと思います。

 ドンドン新芽を出し、ドンドン茎を伸長させてきたので、この写真の睡蓮鉢(Mサイズ:直径42㎝)ではおさまらなくなり、現在Ⅼサイズ:直径51㎝の睡蓮鉢へ移動しています。

 特徴的な点。それはこの深い緑色の葉脈。がっしりした茎から延びる厚みのある葉。ボリューム感がとにかく凄いです。

 新芽はこんな感じです。

 こんな風に次から次へと新芽が出てきます。おそらく鉢植えにしたら、もっともっと生育することでしょう。さらにプラントライトを遠くから照射すれば、より深い緑色となって、繁茂することでしょう。

 こんなに遠く離れたところからでも、その存在感は半端じゃありません。新しくやってきたのに、既に重鎮レベルです(>_<)。

 隣の鉢植えが、クッカバラライムなので、よりジェイドシャトルコックの緑が強調されます。凄いよ本当に君は・・・。

 これは、水耕栽培だけではもったいない。秋に入る前には、鉢植えか大きめのハンギング鉢に移植しようと思います。

 このジェイドシャトルコックは、室内に1つと言わず、2つ3つとあっても良い観葉植物だと思います。安定感が素晴らしいです。

 こんな風に並べて分かるとおり、安定感と存在感・・・半端じゃありません。

 見た目どおり強健な品種なので、これは鉢植え、ハンギング、水耕栽培いずれもやってみる価値があります。

 ご要望があれば、またタイミングをみてYouTubeへジェイドシャトルコックの動画をアップロードしたいと思います。

おわりに

 そこそこレア品種なので、店舗で見かけることは少ないです。お値段もそこそこいたします。そんなそこそこお値段する品種を水耕栽培するって・・・本当どうかしてます(/ω\)。

 でも一度、植物の可能性を知ると、色々やってみたくなるんです。9月~10月はまだまだ夏日が続くと思うので、そのタイミングで土植えに移行しようと思います。皆さんもぜひ店舗に見に来てください(^-^)。

 それでは最後までご購読ありがとうございました!(^^)!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です