心理

人 と 仕草 心理 ① ”視線”?

 自分の人前では恥ずかしい癖や仕草をお持ちですか?私は、恥ずかしい限りで赤面ものなんですが、集中したり考え事をしていると、ついつい眉毛を触ってしまいます。幼少の頃は、眉毛ではなく”まつ毛”でした。幼少時代を思い返すと、両親と川の字になって寝ているときは、落ち着くのか両サイドにいる父と母の両方各々の眉毛を両手で触って寝付いていたものです。それをやらなくなったと思いきや、今度は自分のまつ毛を日常的に触り始めたという・・・そして社会人になり、やっとまつ毛を触ることをやめた7~8年後に眉毛でカムバックしたわけです(/ω\)今も中々なおりません。早く克服したいです、マジな話です( `ー´)ノ

 今お話しした癖は、自己親密行動と呼ばれており自分の緊張や不安を和らげる行為の一つです。幼少期の親から頭を撫でてもらったりして安心していた記憶から自然と自分の身体に触れて自己を安定化させようとする行動の一種と考えられます。そして男性と女性の発生割合でいうと女性の方が高いそうです( ..)φメモメモ

 自分の長い人生期間から癖となったものは、深層心理と密接な関係があるため、中々なくならないのが現実だと思います。だとすれば、直接対話している相手にそれを見つけることもできますし、言葉以外で相手の本質や本音を知ることもある程度は可能ということになります。

子供の深層心理が絵に投影されているはず・・・アンパンマン?

 今回は、著者:渋谷 昌三(しぶや しょうぞう)先生

しぐさを見れば心の9割がわかる

という著書から内容を抜粋して”視線表情”の内容一部を引用・紹介していきます。

 「目は口ほどにものを言う」と言われるとおり目の動きはその人の心理状態や性格をよく表しているそうです。私が仕事上 二人の対話で関係性の指標をはかる判断材料としてよく活用しているものを抜粋紹介します。それはお互いの”視線の合わせ方”です。

 ①相手が視線をはずさない

 ”自分のことを警戒しているか、挑戦的な感情を抱いています。初対面でなければ、敵対視している可能性もあります。” →たまにライバル心を燃やした人に見られますね。

 ②相手が視線を合わせない

 ”あなたに興味がない、あるいは否定的な感情を抱いている可能性が高いでしょう。会話が弾んでいたのに相手が視線を合わせなくなったら「あなたの意見に賛成できない」「話を切り上げたい」というサインです。” →自分で営業に乗り込んできたのに、こういう感じの営業マンいます。大抵は成約の見込みがないと踏んでの心理でしょうね”(-“”-)”

 ③視線を適度にそらしながら合わせてくる。

 ”あなたに対して悪い感情は持っていません。にらんだりせず、度々視線を合わせてくるなら好意を抱いているか、あなたの意見に同意しているサインです。” →中の良い親友や仕事仲間は、間違いなくこのパターンでした。分かって見ていると私も安心しますね(^-^)

 ④すぐに視線をはずしたり、横目で見たりする。

 ”あなたをちょっと見てすぐに視線をはずしたり、横目で見たりする人は嫌悪を抱いていると考えられます。横を向きながら視線だけ合わせてくる横目は、軽蔑の意味もあります。特に見下ろすような横目は、軽蔑の度合いが高くなります。” →はい、仕事でトラブルになった相手やクレームを言いに乗り込んで来る人に多かったですね。後、社長クラスで私が所属していた組織へ敵対心が強かった方からは、見下し発言もさることながら見下ろし横目がありました。あと、独身時代に交際していた彼女へ別れ話を持ち出したときもそんな感じでしたっけ・・・怖いわぁ、今思い出しても怖いわぁ・・・ ( ;∀;)

 

 もう一つ当該著書で面白かった項目を紹介します。会話をしながら相手に質問した場合の”視線の動き”を心理学実験で傾向を読み取ったものです。抜粋紹介します。

 ❶視線が左上に向く → 過去の体験や、今までに見た風景を思い出そうとしている。

 ❷視線が右上に向く → 今までにない光景を想像している。

 ❸視線が左下に向く → 音楽や声など、聴覚に関わるイメージを思い描いている。

 ❹視線が右下に向く → 肉体的な苦痛など、身体的なイメージを思い浮かべている

という傾向が見られたそうです。

 ❷に注目してみましょう。相手が右上に視線を動かしているということは、自分から見て視線が左上に動いているということですね。これは割合高い確率で当たってきたと思います。会話をしながら”この人 かましてるかも?”と感じた時に不意打ち質問をすると、視線を (私から見て) 左上に泳がせながら腕組みしています。(ほらね!)と確信したことはけっこうありましたね(笑)

 皆さん想像して見てください。旦那さんが夜遅くに顔をアルコールでほてらせながら帰ってきて、リビングで腕組みする奥さんから質問攻撃を受けている旦那さんの姿を・・・面白いけど、他人事ではありませんね。女性は、男性より観察眼が鋭く、まばたきや目の動きなどの些細な仕草も見逃しません。怖いわぁ~( ;∀;)

 一部の抜粋紹介でしたが、どうだったでしょうか?少しでもお役に立てたら光栄です。ちなみに、わたしが嘘(相手を不快にさせないための嘘・・とでもしておきます)をつくときは、目から視線を外しませんし、瞬きもしません!でも!妻から言わせると私は”嘘をつくとき少し鼻の孔が膨らむ”んだそうです。やっぱり、嘘はいかんですね!無意識の動きは直しようがないということなんでしょう・・・誠実な人が一番ですね。

電子書籍プレゼントキャンペーン

これは嘘をついているときのパパなのか?そうなのか!?

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です